忍者ブログ
管理人のyumeです。 まさか自分たちが不妊治療することになるなんて。
AdminRes
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんだかここのところ、「ご無沙汰してます」ばかりですね。
すっかり寒くなりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?


その後、気分は山あり谷ありです。
TESEが終わって、その後の治療の可能性が絶たれたのか去年の10月。
それから1年と少しが経過しました。


私のほうは、子供のことを考えずに楽しく過ごす日も多いのですが、
周りでおめでたの話を聞いて落ち込む日もあり。
一方夫のほうは、忙しい部署に配属され、
毎日朝から晩まで働いて、とてもTESE後の感傷に浸るヒマはなさそう。
(ああいうことがあったから、かえって仕事に打ち込んでる面もあるとは思うんですが。)

夫はかねてから養子もAIDも嫌がっていたので、夫との結婚生活が続く限り、
このままか・・・とぼんやり考えていました。


ところが、数週間前、夫が突然聞いてきました。


やっぱり子供を欲しい?もしそうだったら、年齢のことも考えると、
いろいろ準備しなきゃいけないこともあるよね。
すぐに返事をとはいわないから、考えてみて
。」


私は驚いて、「子供って、誰の子?」という間抜けな質問をしてしまいました。
だって、養子もAIDもNGじゃなかったの???


夫いわく、自分が養子やAIDを今のところ希望しているわけではないけど、
私にそういう気持ちが強ければ、検討してもいい・・・そうです。


突然そんなことを言ってきたので、ほんとにびっくり!、というのがまず一番です。
でも、じゃあ実際私がどうしたいのかと考えてみると・・・。結構これが難しい。

AIDの場合、第三者の精子を使うのと、夫の近親者の精子を使うのとが考えられます。
前者は、夫と自分とで子供に対する距離感はアンバランスとなる
(以前通っていたクリニックの先生にも言われていたことです)。
後者は、夫はもちろんのこと、関係者の理解を得られるか自信がない。受け入れてくれる病院探しも容易ではない。

一方、養子の場合、自治体を通じたものと、NPO等を通じたものとが考えられます。
前者は、どんな子供かがわかり、相性も見たうえで引き取ることができるが、登録してから実現するのに時間がかかるというデメリットがあります。
後者は、逆に登録してから実現までの時間は短いかもしれないけど、どんな子供かがわからずに引き取ることを決めなければならない(例えば、障害を持っている場合もある)という側面があります。

(以上は、私がネット上での情報をナナメヨミしたものをものすごく大雑把に理解したものなので、
必ずしも正確な分析ではありません。)


あとは、もう一度夫がTESEを受けるという選択肢もないわけではないけど、これは横においておきます。


今の生活は、子供がいなくてちょっと寂しいけど、自分の好きなことに打ち込める環境にあります。
一方、養子にしても、AIDにしても、それを通じて得るものはすごく大きいだろうけれど、そのために私たち夫婦が覚悟しなければならないこと、手放さなければならないことも多いですよね。

どれが一番よい選択なのか、本当に悩みます。
というわけで、まだ夫からの質問に答えられていません。
私が養子やAIDにチャレンジすると決めたとしても、そこから夫の説得が始まるわけですが・・・。



ところで、お笑いコンビ品川庄司の品川さんの奥様のおめでたの記事、読みましたか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091123-00000000-oric-ent


6年間子作りしてましたが、なかなか子宝に恵まれず 不妊治療とか検査とか注射とか嫁をひっくり返したりなんか飲んだり いっぱいいっぱいいろんなことしてやっと出来ました


自分の心の狭さから、微妙な気持ちで受け止めることの多い妊娠報告ですが、この記事は読んでいてなんだかとってもうれしくなりました。

旦那様は37歳、奥様は38歳だそうで、子供が生まれるのを心待ちにして準備しているとか。
マッチご夫婦もそうですが、こういう話をよむと、心から「よかったね!」と言えます。



にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ
PR
コメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Messege
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ご無沙汰しています。
数日前に帰ってきました。
道中携帯からad宛にメールを送ったんですが
届いてますでしょうか?

旦那さまもあれから色々と考えられてたんですね・・・
でも突然の意識の変化にびっくりですよね。

私の方は今回の治療で限界を感じ、なんとなく一区切りの様な気がしています。
ゆらゆらと切ない気持ちも多々ありますが、なぜか以前と違って、「子供がいないから○○できる時間やゆとりがあるんだろうなぁ」という視点に変わりつつあるような
(治療に未練が残らないようにメンタルで自己防衛しているだけなのかしら)

どの道を選択するにしろ、迷いや不安がつきまとってはがゆい限りですね・・・

それにしても旦那さまもどういう経緯でその思いに至ったんでしょう。不妊の女性心理は何となく共感できる部分も多いんですが、男性の思考は予測も及ばず興味深いですね。

品川さんのコメントはなんだかとっても品川さんらしくて、私も嬉しくなりましたー!!


花果 2009/11/26(Thu)15:01 編集
花果さん、コメントありがとうございます。
携帯へのメールも、ありがとうございました!

子供がいないことによるゆとりを失うのも惜しいという心境、
私も最近強くなってますね・・・。

自己防衛の本能もあるかもしれないけど、今日ちょうど育児休暇中の友人と会ってきて、
自分の時間が取れないこととかキャリアが中断していることへの焦りを聞き、
お母さん達はお母さん達で大変なんだと思いました。

自分に子供がいないと、つい「子供さえいれば!」と思ってしまいますが、
そんなことはなくて、子供がいたらいたで別の悩みがあるんでしょうね。

夫の心境については、子供が欲しくなったからというよりは、
子供が欲しいと私が考えているから、というのに尽きるようです・・・。
それはもちろんうれしいのですが、夫自身が心から欲しいと思ってくれない限り、
うまくいかないんじゃないかな・・・と思ってしまいますね。

引き続き悩みます・・・。
【2009/11/29 22:10】
はじめまして。
yumeさん、はじめまして。
私達夫婦も全く同じ状況です。歳も同じぐらいかな。
TESE後、治療が終了して約3年が経過しましたが、今やっと気持ちが落ち着いてきたところです。
1年後ぐらいまでは、旦那からAIDや養子のことを提案してくれましたが、その度に彼が本心からそのことを望んでいないことが伝わってきました。
私も現状を受け入れられず、考えが堂々巡りしてつらい日々で、ずっとこんな気持ちでいたらおかしくなってしまうじゃないかと思っていましたが、
なぜか3年ぐらい経ったころに、すーっと気持ちが澄んできて、「旦那の子供じゃなかったら作らなくてもいい」って自然に思えるようになりました。
理由はわからないです。時間が解決してくれることもあるのかなとも感じてます。仕事やプライベートが充実してきたからかもしれません。
こんな落ち着いた気持ちになれるとは想像もしてなかったです。旦那に話したら喜んでくれました。
今後また、波のように「何が何でも子供が産みたい」と思う日が来るかもしれないけど。周りの人のおめでた話に心から喜べないのは変わらないですし・・

yumeさんも辛い時期ですが、ご主人と話し合って最善の選択ができるといいですね。応援してます。
やす 2009/11/28(Sat)02:53 編集
やすさん、こちらこそはじめまして!
いただいたコメントを読んで、すごく考えさせられました。

うちの場合もそのとおりで(上の花果さんへのコメントへの返信にも書きましたが)、
夫自身が本心からそれを望んでいるわけではなくて、
私の気持ちへの配慮から、養子やAIDの提案をしてくれているんです。

言われた直後には、「え、いいの?じゃあ早くチャレンジしよっ!」という気持ちが強かったんですよね。
でもちょっと真剣に考えてみると、
夫が(養子の場合私の問題でもありますが)わが子として本当に愛情を注げるのだろうかとか、
自分の意思で意思で養子やAIDを選択することに伴う責任の重さを考えると、
悩んでしまって・・・。

それよりなにより、最初は気が進まなかった夫が、
私のことを思ってAIDや養子を考えてくれたことだけでもう十分かな・・・とも思うんですよね。
お気持ちだけいただいて、二人で仲良く暮らしていきましょう、というのが幸せな気もして。

やすさんのところは、TESEから3年ですか・・・。
私もいつかそんな気持ちになれればいいなと思います。
ありがとうございます。これからもどうぞ宜しくお願いします。
【2009/11/29 22:25】
無題
yumeさん、はじめまして。
私たち夫婦はTESEにて精子を見つけてもらいましたが、つい先日最後の顕微授精も残念な結果に終わってしまいました。
当初は治療が出来るだけでも幸せ、上手くいったらラッキーと思っていたはずなのに、終わりを迎えてしまうと絶望感で抜け殻のようです。
一年後、こんな私でもyumeさんのように優しい気持ちで友人や芸能人のおめでたいニュースを受け入れることが出来るかな。
今は自信がないけど、少しずつ現実を受け入れながら前に進んで行こうと思ってます。
ありがとうございました。また遊びに来ます。
mayo 2009/11/29(Sun)22:26 編集
mayoさん、こちらこそ初めまして!
ご訪問&コメント、ありがとうございます。

私たちの治療は、幸か不幸かTESEで終わりになってしまいましたが、
もし後期精子細胞でも見つかっていたら当然先に進んでいたと思います。

mayoさんのところは、顕微授精にチャレンジされていたんですね。
わずかな希望がつながったことに喜んだり、思うような結果に恵まれずにつらい思いをされたり、
さまざまな気持ちが交錯された日々だったこととお察しします。

私も、まだまだ気持ちがぶれることも多いんですよー。

この前のエントリに書いた品川さんのケースは、
長らく辛い思いをされたこと、それを乗り越えて今はものすごく出産が楽しみなこと、
包み隠さずに明るく語っている様子に好感を覚え、素直によかったなーと思えました。

その一方で、あまり望んでもいなかったのにできちゃった結婚に至ったという友人の話は、
顔を引きつらせずに受け入れることは難しかったです・・・。

前向きに少し進んだと思えば、ものすごい勢いで後退することもあります。
解決には、自分自身の努力ともう少し時間とが必要なのかな・・・。

よかったらまた遊びに来てくださいね。
メールでも結構ですし。今後とも宜しくお願いします。
【2009/11/30 22:53】
はじめまして☆
うちも多分同世代(もしくはちょっと上かも??)だと思います。今年の2月にteseを受けましたが残念な結果に…。散々悩んだ結果、先日AIDのカウンセリングを受けました。

先に進むつもりで受けたカウンセリングだったのに、先生に「他で見つからなくてもうちで細胞が見つかった人は沢山いる」と言われ、もう一度手術を受けるべきか、とても悩んでいます。

養子も考えましたが、やはりyumeさんと同じように悩んで、色々と勉強し、AIDかな…と思いカウンセリングを受けたのですが、そう言われると少しの可能性でもあれば、後悔のないようにもう一度tese???って思ったり…。

主人はもう一度手術しても見つかる可能性は低いだろうから、手術はせずにAIDに進んでいいと言ってます。

yumeさんちと同じ様に、自分が子供が欲しいからというよりも、私が欲しいだろうから…と思ってくれてるのだと思います。

ネットで調べると、不妊で悩む人って多いですよね~。私ひとりじゃない!って少しだけ励まされます。

まだまだ決心はつきませんが、お互いに後悔のないように頑張りましょうね☆



リエ☆ 2009/12/01(Tue)17:27 編集
リエ☆さん、こんにちは!
こちらこそ、初めまして!
リエ☆さんのところも、同じような悩みをたどっていらっしゃるんですね。
AIDのカウンセリングでTESEを勧められるなんて不思議です・・・。

もう一度チャレンジしてというのは、うちもものすごく言いにくいです。
TESEで酷な結果を突きつけられたことについて、先日夫は
「死刑宣告をもらったようなものだからね・・・」とぽつりと言ってました。

リエ☆さんの旦那様も、もう一度あの辛さを味わうくらいなら
AIDでいいよ・・・と思ってしまうんでしょうね。
もし精子が見つかったとしても、そこからのチャレンジも長いですし・・・。

うちも今後どうなるやらさっぱりわからないのですが、
よかったらまた遊びに来てくださいね。
これからも宜しくお願いします。
【2009/12/02 23:08】
色々ですね…
ちょっぴりご無沙汰の間に、そのような事があったのですね…ご主人の優しさに、嬉しい&悩みますね。
私も色々考えた時期がありましたが、旦那に話すと、返事はいつも「分からないよ…」でした(優しくない)。で、もし旦那の子供でない子が、障害を持って生まれてきたら…とか、養子にした子が大きな病気になったら…とか、色々考えちゃって、分からなくなって…それらを全て受け入れて、家族を作っていく勇気も無く、時が過ぎ…2人の自由な生活が心地良くなってきた…という感じです。やすさんのコメントに、心境の変化がすごく似ています。時間が結論を出す事もあるような気がします。

沢山悩むと思いますが、最善の選択が出来ると良いですね。

とりあえずは、来月はぱ~っと、楽しんで来てください!また色々お話しましょう☆

tear 2009/12/02(Wed)20:33 編集
コメント、ありがとうございます!
一瞬、ハンドルネームとご本人が結びつかなくて、
えぇーっなんで私の予定を知ってるの~って思っちゃいました。
(スミマセン!)

tearさんも旦那様に相談されたことがあるんですね。
正解なんて誰にもわからないし、正解があるのかすらも怪しいし、
「分からないよ・・・」という旦那様のお気持ちは正直だと思います。

海外だと、ブラピ&アンジェリーナ・ジョリーのケースは極端だとしても、
養子ってそこまで珍しいことではなさそうですよね。
でも日本だととってもハードルが高い気がします・・・。
(欧米の人たちは日本人ほど悩まないのかも・・・)

私も悩んでいるうちに時間が過ぎるような気がしないでもないです
またいろいろご相談させてくださいね~。
【2009/12/02 23:12】
お久しぶりです。
ひつじです。

とても難しい問題ですね。すぐに答えが出るものでもないし、悩んで考えたからって正解が出るわけでもないですし。
私も不妊治療をしていくうえで、たくさん悩んだり考えたりしました。今も子宝には恵まれず悩み中ですが、そのことが私を成長させてくれて、私には必要な試練なのかも知れないと徐々ににですが、受け入れられるようになってきました。
確かにyumeさんの言うとおり、子供のいない夫婦って、いる夫婦に比べると危うさがあると思います。でも、これが私に与えられた人生なのだと、ほんの少しですが思うようになってきました。
以前よりは、すこしは気持ち的にも楽です。

私の話ばかりになってしまい申し訳ないですが、yumeさんの人生に最善の道が与えられますようにと願っています。

追伸:yumeさんのブログで品川さんの記事を知りました。見に行きました。なんだか心の温まる素敵な記事でした。紹介ありがとうです。
ひつじ URL 2009/12/12(Sat)14:59 編集
Re:お久しぶりです。
ひつじさん、

こんにちは!
たまにひつじさんのブログ、拝見させていただいています。

ハタから見てていうのもナンですが、山あり、谷あり・・・ですよね。

いろいろな経験を一つずつ乗り越えられて、
頼もしいな~と思って読ませていただいてます。

これからもどうぞよろしくお願いします!


【2010/10/31 09:17】
無題
はじめまして☆
私の主人も精子や細胞の回収率日本一といわれている病院でTESEを受けましたが残念な結果に終わってしまいました。
私たちの場合は夫婦ともにどうしても血のつながった子供が欲しいという思いがあったので家族でよく話し合い、
義父の力を借りAIDに進むことに決めました。
時間は掛かりましたが素晴らしい先生に出会うことができ、体外受精で頑張っています。
子供が産めるうちに夫婦でよく話し合い
悔いのないようにしてくださいね。
くり 2010/01/22(Fri)00:12 編集
Re:無題
くりさん、

こんにちは。

義理のお父様のDにトライされたのですね・・・。
うちは夫方のを使ったDは夫がやはりいやだったみたいなので、うらやましいです。

ずいぶん前にいただいたコメントなので(ごめんなさい><)、
その後どうされているかな~

私のほうは、ほとんどあれから進展がないんですよね。
時間は刻一刻と過ぎているのですが・・・。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
【2010/10/31 09:13】
お久しぶりです!
以前一度書き込みしたリエ☆です。

その後、少しの可能性にかけてもう一度TESEしたのですが、やっぱり見つからず…

今年の5月にはじめてのDをしました。

結果はダメだったのですが、今は前向きな気持ちで頑張っています!

誰にも話せないと思い、一人で秘密を抱えてしんどかったんですが、仲のいい友達に話したら案外すんなり受け入れてもらえて「応援するから頑張って!」と言ってもらえた事が大きかったと思います。

その後yumeさんはどうかな~と思って書き込みました。

夫婦2人の人生を選んでも、AIDを選んでも、
養子と言う選択をしても、とにかく後悔のない人生を歩んでくださいね☆

リエ☆ 2010/06/10(Thu)23:16 編集
Re:お久しぶりです!
リエ☆さん、
ご無沙汰しています!
ずいぶん前にコメントをいただいていたのですよね。
ブログを放置したままで、ほんとにごめんなさい。。。

Dをやってらっしゃるんですね。
その後、うまくいってらっしゃるといいのですが・・・。
うちは全く前進ないのです。
私自身も迷っているので、夫を説得するには至らなくて・・・。

ご相談できるお友達もいてよかったです。
一人で抱え込むのはつらいですよね。

こんな私ですが、引き続きよろしくお願いします!
【2010/10/31 09:09】
お気持ち分かります
yumeさん、はじめまして。
私達夫婦も今年の6月にレディースクリニックで無精子症が発覚しまして、総合病院の泌尿器科で検査をしても結果は同じ…
TESE覚悟で不妊専門のクリニックで検査を受けたところ、ほんの少しですが精子が見つかり、先月から顕微授精に向けての治療を開始したのですが、卵巣の腫れと腹水で胚移植が延期になり、ようやく先日から凍結胚移植に向けての治療を開始しました。
私もTESEでダメだったらAID(第三者の)をと思っていたので、お気持ち分かります。
うちは「自分に原因があるんだから、みわぽんが望むなら…」と理解してくれましたが、なかなか受け入れられる男性は少ないですからね…
どんな選択をされるとしても、yumeさんご夫婦のご多幸を願ってます!
みわぽん 2010/10/31(Sun)03:54 編集
Re:お気持ち分かります
みわぽんさん、
初めまして!コメントありがとうございます。
いろいろ乗り越えて、ようやく治療を開始されたところなんですね。
AIDの件も含め、みわぽんの旦那様、とても理解がありますね~
大変なのはこれからだと思いますが、あまりコン詰めずに、リラックスして治療に臨んでくださいね!
【2010/10/31 08:55】
トラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by Ninja Blog    photo by P*SWEET    icon by Egg*Station    template by Temp* factory

忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
yume
性別:
女性
職業:
ふつうの会社員です
自己紹介:
yumeです。2002年に結婚し、今は30代半ばです。

本格的に妊娠を考え始めたのは2006年くらいから。1年たっても何事も起こらなかったので、2008年1月、夫婦二人で夢クリニックへ。

ところが、初診のときに思いもよらず男性不妊が発覚!
転院した別のクリニックで精子採取を何度か続けたものの、よい結果は出ず。

散々迷った挙句、2008年10月に某病院で夫がTESEを受けましたが、細胞も見つからないという残念な結果に。

更新もたまにですけど、コメントいただけると嬉しいです。

メールはyume55 アットマーク live.jpまでお待ちしています。
(55は半角でお願いします♪)
最新コメント
[02/10 みわぽん]
[08/24 リエ☆]
[06/05 りさ]
[05/25 みわぽん]
[02/06 オニヨメ]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
フリーエリア