忍者ブログ
管理人のyumeです。 まさか自分たちが不妊治療することになるなんて。
AdminRes
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


天気は良いけど寒いお正月ですねー。
皆様いかがお過ごしですか?

前回のエントリには心温まるコメントをいただき、本当にありがとうございました。
お蔭様で、そこそこ精神的には安定した日々を過ごしています。


2008年を振り返ってみると、いろいろなことがありました。


夫の無精子症が発覚して、転院して、ホルモン治療を受けて、TESEをして・・・。1年ぽっきりで終わったことが、あっけないというか、不幸中の幸いというか。

ともかく、つらいことも多かった2008年を明るく終わるため、年末は海外旅行で豪遊してきました~。


といっても、その旅行に計画していた時点では、まだTESEを受ける前だったんです。だから、せっかちな私は、年末はもしかしてICSIとかが入っちゃったりして?すでに妊娠しちゃってたりして?旅行にいけなくなるかも!といらぬ心配をしてたんです。

TESEのあとが続かないことがわかったので、その心配はまったく杞憂に終わり、体調万全で旅行に向かうことができましたが・・・。


で、旅行自体は夢のように楽しかったんですが、ちょっと複雑だったのが、子宝に恵まれることで有名な寺院を参拝したこと。

そういう寺院があるらしいという話を聞いてはいたのですが、神頼みしてもどうにかなるような状況ではないし、できれば避けたかったんですよね。

だけど、そのあたりには他に目ぼしい観光地がなく、その寺院はちょうどいい散歩コースにあったんですよ。
夫も別にどっちでもよさそうな感じだったので、とりあえず行ってきました。



その寺院は、その国でだけじゃなくて、世界的にも有名らしいです。って、その国の人は言ってるんだけど、ほんとかなあ~。

そこに祀られている神様は、今から何百年か前に、性行為を通じて女性に(たまに男性にも)布教したそうです。今でいうセックス教団の教祖みたいなものでしょうか?

日本の神社でお祓いをしてもらうと、棒に白い紙切れがついているもの(祓串というそうですが・・・)を神主さんがしゃんしゃんと振ってくれますよね?

あれがその寺院では、男性器をかたどったものなんですよ・・・。
まじめにお祓いを受けているほかの皆さんにならい、一応夫も私も簡単なお祓いを受けてきました。



あとで、その国に住んでいる知人(子供あり)にその寺院に行ってきたことを話すと、

「わー、あそこはほんとに子宝で有名なんだよ。
あそこに行っちゃったんだー、やばいよ、すぐできちゃうよー。」

と無邪気に言われました。

「あら、そうぉー?」

と私はにこやかに答えつつ、「いや、絶対ないから」と心の中で。



ま、別にこれくらい、なんてことありませんけどね。
ほんと、気にしてたら切りがないし。


ということで、今年もよろしくお願い致します!



んー。よく考えたらもう「赤ちゃん待ち」ではないですが。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

何度も書いてますが、2008年1月頃に私が登録したときは、「男性不妊」で12番目くらいだったんですよ。それがいまや68ブログですからねー。すごいです。
にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ
   
PR
コメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Messege
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
泣いてしまいました。
はじめまして。実は、我家もyumeさんと同じ状況でした。それも、もう8年位前に知った事実です。私の実家から、「先日男性不妊のニュースをやっていて、クリニックの名前は…」と告げられ、もう諦めたつもりが、こうやってネット検索…正直、複雑な気持ちが最近よみがえってきてしまい、困っています。と言うのも、もうそろそろ私の年齢が40近く、子供を産むタイムリミットが本当に近づいてきた…と言う気持ちがふつふつ…。かと言って、旦那に「もう一度…」と言い出せない…。幸い私達には共通の趣味もあり、楽しく旅行したり、楽しんでいますが、やはり色々やりたい事やっても、人生最後の時には、「子供欲しかったな~」と思うのかな…?とも思います。割り切ったつもりが、やはりこれは大きな問題なんだな~と改めて感じつつあります。で、偶然yumeさんのブログを見つけ、私達だけじゃないんだ…辛いのは…と、読みながら、久々に涙してしまいました。なんだか、励ましのコメにならなくてスイマセン…でも、同じ状況の人が、周りにいないので、私がこのブログに、少し励まされました。
tear 2009/01/05(Mon)23:57 編集
Re:泣いてしまいました。

tearさん、初めまして! 
コメントありがとうございます。

ご実家からの件は、新しく開業した男性不妊専門のクリニックのお話でしょうか?AIDが認められる範囲が拡大する話もありましたし、少しずつ進歩してきているんですよね・・・。あとは女性側の年齢との闘いなので、卵子の冷凍保存ができないかなと考えてしまいます。

tearさんのコメントを読んで、今後いくら二人の生活を充実させることができたとしても、私も心が揺れてしまうだろうなあと改めて思ってしまいました。

そして、ご主人に再度の治療を持ちかけることが難しいというのも容易に想像がつきます・・・。よっぽどの医療の進歩があれば別ですが、ご主人からしたら、この8年間楽しく二人で過ごしてきたのに、やはりそれでは満足できないのかと思うでしょうし・・・。難しいですよね。

少しでも励まされたというコメントをいただくと、私のほうも励みになります。今後ともよろしくお願いします。
【2009/01/09 07:32】
明けましたね
ご無沙汰しています。
年末は海外旅行に行かれてたんですね。夢のような楽しい日々を過ごされたようで良かったです(*^_^*)
友人の一言ににこやかに答えるなんて偉いです!いつか私も、何を言われても気にせずにひょいっとかわせる日が来ればいいのになーと思います。

ウチは年末に主人の先輩が生後3ヶ月の双子ちゃんを連れてやって来ました。夕方頃に来ると聞いていたし、頼まれ物を取りに来るだけだと聞いていたので家にはあがらないかもーと思っていたんです(結婚直前に主人とその先輩のお家にお邪魔した時に、主人がいない所で「あいつ(主人)にはもっと紹介したい女の子がおってんけどなー」と言われ、憤慨したのと同時に、おそらくその先輩のお嫁さんの妹と主人をくっつけたかったんではないかなーと察しました。それからはその先輩が苦手になりまして)

それで当日のお昼に急に「もう家の近くまで来ている」と連絡があり、その電話で主人も私も起きた次第です(>_<)
主人の情報では、その先輩のお嫁さんは片方の?卵管が詰まっていた為にクロミッド?etcの投薬治療で排卵誘発を活発にして双子を授かったという事でした。その話の時に私達も治療を受けていると伝えたようで・・・
双子を授かったと聞いた時は、私も治療中でかなりナーバスな時期だったので、そんな結果を私に伝える主人を恨めしく思ったりしました。

私は双子に会いたくなかったので、スッピンだから寝室にこもっておくわ、と主人に伝えました。
その後先輩がやって来て、リビングからは双子の泣き声が響いてきました。私はこの上なく不愉快な気持ちになり、悔しさもないまぜになって、気が付けば泣いていました。普段は子供の事を意識しなくはなっていたものの、やっぱり心のどこかに引っかかっていたのだと思い知らされました。

しばらくして先輩だけがマンションの下に降りたようで、主人が寝室のドアをノックして私に言いました。「双子ちょっとでも見ない?」
主人は私が双子を見たいとでも思ったんでしょうね。私はドア越しに「別にいい」と言うのが精一杯でした。

こういう事が普通にやり過ごせる様になればいいのになーと思います。

では、今年もよろしくお願い致しまーす!(^^)/

花果 2009/01/14(Wed)23:24 編集
こんにちは!

引き続き寒い日が続いていますが、お元気でお過ごしですか?

双子ちゃんの件は、つらい出来事でしたね・・・。
ご主人に誰か紹介したい人がいたという話をする、その先輩の人格も疑うし、そういう合わない人の赤ちゃんは一人でも十分なのに二人とは・・・。

事前に伝えていたより前に来たりしたら、きっと私も部屋にこもるか、家に上げないかだと思います。自分が大事に思っている人なら別ですけど・・・。

毎日、いろいろなことで気持ちがざわざわすると思いますが、今回のはかなりハードルが高いですよね。

またこういうことがあったりしたら、お気軽に言い合いましょうねー。
【2009/01/27 07:56】
トラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by Ninja Blog    photo by P*SWEET    icon by Egg*Station    template by Temp* factory

忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
yume
性別:
女性
職業:
ふつうの会社員です
自己紹介:
yumeです。2002年に結婚し、今は30代半ばです。

本格的に妊娠を考え始めたのは2006年くらいから。1年たっても何事も起こらなかったので、2008年1月、夫婦二人で夢クリニックへ。

ところが、初診のときに思いもよらず男性不妊が発覚!
転院した別のクリニックで精子採取を何度か続けたものの、よい結果は出ず。

散々迷った挙句、2008年10月に某病院で夫がTESEを受けましたが、細胞も見つからないという残念な結果に。

更新もたまにですけど、コメントいただけると嬉しいです。

メールはyume55 アットマーク live.jpまでお待ちしています。
(55は半角でお願いします♪)
最新コメント
[02/10 みわぽん]
[08/24 リエ☆]
[06/05 りさ]
[05/25 みわぽん]
[02/06 オニヨメ]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
フリーエリア