忍者ブログ
管理人のyumeです。 まさか自分たちが不妊治療することになるなんて。
AdminRes
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


関東地方はなんだか雨!ばっかりですね~。
この時期にこんなお天気なんて、やっぱりちょっとおかしいような・・・。
 
さて、昨日こんな記事を見つけました。
iPS細胞という言葉、私も最近になって知りました。
精子を作ることもできるので、男性不妊の対策としても注目されているみたいですね。

とりあえず、精子を作る研究を文部科学省に認めてもらうことから始めないといけないんですね。
そこから研究が進んで臨床レベルになるまでには、あと10年とか15年、かかるんでしょうか・・・。

そんなときまで卵子は持たないよ~。
冷凍保存するかな・・・ ってほんとに思っちゃいますね。 



iPS細胞の倫理委設置へ、年内にも提言 

産婦人科医師や獣医師らで構成する日本生殖再生医学会(森崇英理事長)は、様々な細胞に変化する新型万能細胞(iPS細胞)に関する倫理委員会を設けることを決めた。 人のiPS細胞から精子や卵子を作製する研究が認められるよう、年内にも提言をまとめる方針。  

文部科学省は今年2月、人のiPS細胞から精子や卵子を作ることを当面の間禁止することを決定した。ただ、生殖細胞研究は不妊治療などにつながる可能性があるため、現在、同省の審議会で生殖細胞の作製を認めるか議論中だ。

(2008年8月27日 読売新聞)



同じ悩みを持っているみなさん、こちらで仲間を見つけましょう。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

今日の時点で58人!
にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ
PR
コメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Messege
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ご無沙汰しています。
TESEに向けて頑張っておられるのですね。
私の方は治療お休み中ですが、時々情報を調べたりしています。
K先生が男性の心情を気遣ってらっしゃるのは分かる気がします。
先月機能検査の結果を聞いた後に、初診時と同様私の内診もしてもらいました。
6月に採卵をしたのでお疲れモードな感じですと言われ、不妊治療をする以前から生理周期が長めで不規則だった事もあり、「(主人だけでなく)私の方にも要因があるのかもしれませんね」と言ってみたら、なんだか和んだ感じ(?)で返答されていた様な気がしました。
ウチは相変わらず主人が採精アポを取っていないので進んでいませんが(これまでずっと私が主導で治療を進めてきたので今回も私がアポを取るものだと思っているのかも)、私も今だに積極的に治療を受ける気持ちにはなっていないんです。
何度考えてみても東京に長期滞在をして治療を受けるのはどこか非現実的な気がするのと、次のICSIがダメだった時の事を考えるともう一生希望が失くなって耐えられるのかなーと。
他の方との胚盤胞の到達率の違いで、ウチの可能性が低いのはもう痛感しているので、どうしても明るい未来を考える事が出来なくなってしまっています。
元来の性格は白黒ハッキリなタイプなのに、不妊治療ではここへきてグレーゾーンを望む自分がいて、ビックリしています。

暗い展望ばかりで何だか申し訳ないですが、私も初回のICSIは希望に燃えてエクササイズに励んだりしていたので、yumeさんは嬉しい結果になりますように☆

6月に先生との最後のお話で私も、iPS細胞の展望を伝えてみたんですがやっぱりのスルーでした(^_^;)
JISARTでは卵子バンクの設立が決定したみたいですね。
男性不妊の研究、臨床が飛躍的に進む事を切に望みます。
花果 2008/08/30(Sat)20:14 編集
こちらこそご無沙汰してます!

花果さん、コメントありがとうございます。

ご主人もその後アポイントを取られていないんですね。そういう場合って、自分が元気一杯前向きなときでも、なかなか「早くアポイント入れてね!」とは言い出しにくかったりしますよね。今回は花果さんご自身がいろいろ悩まれているのなら、なおさらでしょうね。

治療をすることになったら、数週間東京に滞在するというのも、確かになかなか難しいかもしれませんね。私でよければ、いつでもご飯食べたり、遊びに行ったりしましょう・・・とはいっても、そんな簡単に決められるものではないでしょうし・・・。

うちもTESEはこれからですが、きっとよっぽどいい○~が見つからないと、次には進めてもらえないんだろうなという気がするので、あまり明るい展望は持ててないです。それに、まだ未知の自分のほうの体質にも問題がある可能性もありますし。ただ、ここで引き返す気分にはなれないので、前に進むしかないんですよね・・・。

iPS細胞のこと、既に先生に質問されたんですね。確かに、慎重派の先生からすると、そういう反応も頷けます。そういえば、セントマザーのHPでも否定的なことが書いてありましたね。

男性不妊が解決できるような医学の進歩を祈りましょう・・・。
【2008/08/31 23:06】
トラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by Ninja Blog    photo by P*SWEET    icon by Egg*Station    template by Temp* factory

忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
yume
性別:
女性
職業:
ふつうの会社員です
自己紹介:
yumeです。2002年に結婚し、今は30代半ばです。

本格的に妊娠を考え始めたのは2006年くらいから。1年たっても何事も起こらなかったので、2008年1月、夫婦二人で夢クリニックへ。

ところが、初診のときに思いもよらず男性不妊が発覚!
転院した別のクリニックで精子採取を何度か続けたものの、よい結果は出ず。

散々迷った挙句、2008年10月に某病院で夫がTESEを受けましたが、細胞も見つからないという残念な結果に。

更新もたまにですけど、コメントいただけると嬉しいです。

メールはyume55 アットマーク live.jpまでお待ちしています。
(55は半角でお願いします♪)
最新コメント
[02/10 みわぽん]
[08/24 リエ☆]
[06/05 りさ]
[05/25 みわぽん]
[02/06 オニヨメ]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
フリーエリア