忍者ブログ
管理人のyumeです。 まさか自分たちが不妊治療することになるなんて。
AdminRes
<< 09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    11 >>
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



桜、すっかり散っちゃいましたね~

それにつられたように、 私の浮き浮き心もここのところすっかり沈んでます・・・。

しばらくブログもどうやって書いていいのかわからなかったのですが、少しずつ気持ちが整理できるようになってきました。 



というのは・・・、○~検査の結果がダメだったんです。 

5回分(実際は、夫が頑張って2回分出せたことが何度かあったので7回分くらい?)の精液検査の結果、 

残念ながら 質の保証ができる○~はいなかった、と言われました



精子細胞はあるけれど、かなりDNAが傷ついているんだそうです。 

例えば、接着機能が弱いとか、運動能力が乏しいとかなら、医学の力で克服することもできるけれど、DNA損傷は一番難しいんだとか・・・。 




まあ、そんなにうまくはいかないよね~とは思ってました。 

でも、ひそかに期待する気持ちもあって、結果を聞きにいく日は朝からなんとなく二人とも緊張気味で・・・。 

けれど、やっぱりダメでした・・・。 



たぶん普通のクリニックだったら、こんなに検査を何度も繰り返さずに、すぐにTESEだと思うんですよね。 

ようやくみなさんと同じスタート台に立つことになったというだけ、といえばそれまでなんですが・・・。



先生から、 今後のことを聞かれます。

残念ながら、5回分検査してみつからなかったわけだけど、もちろん10回とか50回とか検査して絶対に見つからないというわけではありません。 

でも、今までの私の20年の経験からいって、確率は低いと思います。 

そうすると、この前説明したように、養子をもらうことを考えるとか、リスクがあるのを理解しながら睾丸を切ってみるという方法があります。 

どうしたいですか
?」 



夫は 「どれくらいの治療期間を念頭において今後チャレンジすれば良いのかわからないけど、その範囲でやれることはやりたい」 

私は 「やはり睾丸を切る手術をしてみたい」 

と答えました。 


先生の説明では、睾丸を切って精子を回収する手術には、Micro TESE (精管から回収する方法)と、TESE(組織を回収する方法)があるそうです。

Micro TESE のほうが、手術の難易度が高い分、精子の挫滅(ざめつ)率も低いけれど、精管を分離できる状態かどうかは、睾丸を切ってみなければわからないみたい。 

切ってみて、精管分離が難しそうだったらTESEを行って日帰り入院、精管分離ができてMicro TESE なら2泊3日~3泊4日くらいの入院になるとか。 

だから、大事をとって1週間くらい休みを取るのが理想みたいです。 



実は私たち、今年は少し早めに6月初めくらいに夏休みを取って旅行しようと考えていました。 

でも、夫はそんなに何度も1週間休みを取れないので、もし手術するなら夏休みは諦めですね・・・。



先生からは、先生が懇意にしている泌尿器科の医師ががいる某大学病院での手術を勧められました。

手術のときは、まずその泌尿器科の先生が大学病院で睾丸から回収し、そこで待機している先生が精子の確認、選別を行うという段取りみたいです。

いつものクリニックは、保険がきかず自費診療のみなのですが、その大学病院だったら一部保険がきくそうなので、それはありがたいな・・・。

いつ頃ならその大学病院の手術室が空いているのか、確認してもらうことになりました。 



やっぱり痛い手術ですからね、と釘を刺されて夫は、

 切ったあとってどうなるんですか?」 

と不安そう・・・。


どうやら、乳がんの女性みたいが一方の乳房がなくなるみたいなのをイメージしていたみたいです。

(勉強してなさすぎ・・・)


先生から 

大丈夫ですよ~5ミリ四方切るくらいですし、あとで組織が復活しますから

と聞いてほっとしてました。



そして・・・。もし質的保証のできる精子がとれたら私のほうの順番になります。

精子がどれだけとれたかによって、排卵誘発の方法を変えるものの、1ヶ月の周期のうち、3週間くらい?は毎日通うんだとか・・・。

ひゃー、仕事との両立大変そう・・・



私は前から気になっていたことを聞いて見ました。

 「精子が見つかってから考えることかもしれまえんが、あまり強い誘発はやりたくないんですが・・・。」 


先生はきっぱりと、

 「精子の状態がよくないときこそ、卵子の量だけじゃなくて質を高めることで、精子の質の悪さをカバーできます。

だから、まったく排卵誘発を行わないのは 賢い選択ではないわね。
」 


最初夢クリニックの話を聞いていたこともあって、どうしても 排卵誘発=悪、みたいなイメージがあるんですよね。 

確かに程度問題なのかな・・・。夢クリニックだって排卵誘発やらないわけじゃないしね・・・。


最後に夫が

この前のお話で、ホルモン注射を打ってもあまり意味がないと聞きましたが、やはりそうですか?

と聞くと、 

そうね・・・。やってみてもいいかもしれない。 

うちに来ているのは、他でいろいろ治療してきて、最後のとして来て、とにかくできるものはなんでもやってみたい、という男性の患者さんが多いの。 

そういう人にはインシュリン注射をしてますが、1回1万円くらいだし、安くないのよ・・・。 

ホルモンの状態によって週に何度か打つ場合もあるから、月に10万円くらいは覚悟してほしい。 

それに、すぐに効果は出ないから、3ヶ月くらいは注射を打ってから手術ということになります。 

でも、注射の結果、精子の数が増えることはあるけれど、質の確保ができる精子が増えるのは、私の経験では見たことがありません。 

すごくいい注射で、結果がある程度出るのなら、私もお勧めするんだけど、そういう注射ではない、ということなの。
」 


だそうです・・・。なるほど・・・。 


(長くなったので続きは次回)



人生いろいろです↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ

皆さんの奮闘記はこちらから↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 男性不妊へ
PR
コメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Messege
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
はじめまして!ピヨコと申します。
うちも最近男性不妊(無精子)が発覚して、TESEを受ける予定です。
おたまさん、残念でしたね・・・。でもすごく良心的なクリニックですね☆
うちは、無精子とわかるやいなや、TESEしましょう。となりました。
私も排卵誘発の副作用とか、やっぱり怖いです。夢クリやKLCとかいいかな~と思ったんですけど、やっぱりTESEはあまりHPに細かい記載がないので、あまり実績がないのかな・・・とか思っちゃって、どうなんでしょうね。
今は病院探しをしているところです。
お互いにこれから、大変だと思いますが、がんばりましょう☆またお邪魔させていただきます。
ピヨコ URL 2008/04/10(Thu)01:06 編集
ピヨコさん、コメントありがとうございます♪

はじめまして

ピヨコさんもこれからTESEを考えているんですね。
副作用、やっぱり怖いですよね・・・。
そのつらさも耐えてこそ、次があるんでしょうけど・・・。

私が夢クリニックに聞いたときは、TESEを行う場合、夢クリニックじゃなくてオペはKLCでやりますと言われました。

KLCの先生が書いた本にも、無精子症でTESEを行った患者さんの事例が載ってますね。数としてはあまり多くないのかもしれませんけど・・・。

おんなじスタートラインなので、お互い頑張りましょう
あとでブログにも遊びに行かせていただきます♪
【2008/04/10 08:17】
残念でしたね
ご主人の検査結果、残念でしたね・・・。
でも、これですべての可能性が絶たれたわけではないですもんね。
TESEされる予定なんですね。TESEはDr.の腕によっていい精子を採取できるか変わってくるそうです。いい先生に出会えると良いですね。

でも・・・3週間毎日通院は大変ですね・・・。

不妊治療ってクリニックによって信じるところがいろいろですね。排卵誘発や精子の選別についても・・・。
私の知ってる不妊専門のクリニックではTESEして動いていない精子でも電気刺激をかけて活性化させ、ICSIしているそうです。
でも、私が通っているクリニックは動いてる精子がいなかったら、そこで終わりという方針です。
セントでは後期細胞でのICSIをして、もう無事に出産されてる方もいますしね。

これからいろいろ大変な時期もあるかと思いますが、ご主人と二人で乗り越えていってください☆
いちご URL 2008/04/10(Thu)08:33 編集
Re:残念でしたね

いちごさん、ありがとうございます。いちごさんのマタニティ生活は、たびたび拝見させていただいてました・・・。お元気そうでなによりです。

これからやっとTESEなので、まだスタート台に立ったばかりなんですよね。
痛いの大嫌いな夫ががんばってくれるみたいなので、私も自分の番がもし来ることがあれば、その気持ちを最大限生かさないと・・・。

治療のポリシーは、本当にクリニックによっていろいろですよね。
それだけ未知の世界に挑戦してるんだと思いますけど、そんなに何回もできる治療ではないので、クリニック選びは難しいなあと思います。

リスクを取ってこそ出る結果もあるでしょうし・・・。









【2008/04/10 22:31】
無題
今回は残念な結果で、本当に心が痛みます・・・
不妊カップルの仲間入りをすると何度となくショックな事柄に遭遇しますが、ある方のブログに「治療できる事のありがたさ」とあり
まだ一縷の望みでも残されていて治療を受けられる状態ならば、前向きに考えないとなーと。

男性へのホルモン注射での質の向上はやはり期待できないようですね(哀)
とりあえず次回最後のICSIに期待し過ぎないように、色々と情報収集etcをしてから臨みたいと思います。

K先生の説明は丁寧で羨ましい限りです☆
ウチの院長は技術は素晴らしい?みたいですが
結果が全てという方針の為、説明が不足気味だねー、といつもクリニック仲間と同調しています。
最終的な結果がどちらに転んでも、納得できる治療が受けられたという思いが大切なんだと痛感しています。

お互いに希望を持って、タフに進んで行きましょうね!
花果 2008/04/10(Thu)20:51 編集
Re:無題

次の一手があるのとないのでは、確かに気持ちが全然違いますね。
これからようやくTESEの私はまだまだヒヨッコです・・・。

そして、次の一手がもうない・・・となったときに、
「この病院で治療して良かったのかな・・・」と不安に思うようなことにはなりたくないですよね。

「納得できる治療」、同感です。
私もいまだに「やっぱり北九州のほうが・・・?」と考えてしまうこともありますし


【2008/04/10 22:38】
はじめまして
はじめまして。
るるといいます。
私も今、不妊治療真っ最中です。
先週、卵管造影検査を受けてきたんです。
卵管に薬剤を注入してレントゲンをとったあと、急激な吐き気と腹痛で動けなくなってしまった。。。病院のベットでしばらく休ませてもらいました。。
今は次の高温期待ち。気楽にいるかな。。

ところで、不妊治療しているなら、経費毒って知ってますか?精子にも関係してるんじゃないかな。
石油系の合成洗剤などに化学物質の環境ホルモンが、不妊の原因にもなっているっていう話です。
怖いのが、環境ホルモンが皮膚の表皮から吸収されるとか。。
それも、台所仕事で手から吸収されるのが1としたら、性器から吸収されるのがなんと8倍。。。
これを聞いて、ひええええ。怖いなああああと思ってしまった。
実際に、男性の精子の数が50年前に比べて大幅に減少していたり、女性のなかに子宮筋腫という病気がはやりだしたり。若い20代などにも子宮筋腫があるなんて、よく考えるとやっぱりおかしい。そんな話を聞いて、私は、洗剤や、シャンプーは全部せっけん系のものにかえました。いろいろ試してみましたが、一番よごれも落ちるし、経済的だなと思ったのが、
「めだか石鹸」っていうせっけんです。
よかったら見てみてください。
http://www.medakasekken.com/
値段は普通の洗剤なんかに比べたら、表面的には高いけど、少しでほんとによく落ちるので、結局安くすんでます。(1回の使用量が格段に少なくて済む。)確かにこれに変えてから、少しではありますが、生理痛などが軽くなった感があります。不思議。

話戻って、私もはやく赤ちゃんが欲しい〜〜〜。
ブログ読ませていただいてると、
参考になります。
赤ちゃんがやってくるまで、お互いに毎日いい日にしていきましょう!

るる 2008/04/11(Fri)15:14 編集
るるさん、コメントありがとうございます♪
初めまして~。

卵管造影検査は痛いと聞きますが、るるさんも大変だったんですね・・・。少しは落ち着かれましたか?

経費毒の話、怖いですね。1対8ってすごいです・・・。
合成洗剤があふれている現代の生活というのも、男性不妊が増えている原因の一つなのかもしれないですね。

うちでも、何年か前から合成洗剤はやめました。
洗濯も重曹+クエン酸だし、頭を洗うのも食器を洗うのも石鹸です。

唯一使っているのが歯磨き粉くらいかな?でも歯磨き粉もなんだか気持ち悪くなってきたので、無添加のやつに変えようかなあと思案中です。

めだか石鹸の名前は初めて聞きましたが、生物にやさしいんですね。
うちはミヨシ石鹸の無添加シリーズです(安い・・・)。

それから、石油系のではなくて、布ナプを使ってます。
マクロビも興味はあるんですが、やっぱり白いご飯は捨てがたい・・・。

こういう生活を続けていれば、いつかいいことあるかな?と期待したいですねー。
お互い頑張りましょう♪
【2008/04/13 21:38】
無題
今回は本当に残念でしたね。何と言っていいか・・・言葉もありません。
ご主人、何度も検査大変だったろうと思います。

TESEの技術は病院によってかなり違うらしいのでどこにするか決断するのは難しいですよね。yumeさん夫婦にとって最良の病院が見つかると良いですね。応援してます。
みかん URL 2008/04/11(Fri)18:30 編集
Re:無題

みかんさん、ありがとうございます。
夫婦ともに今はだいぶ気持ちが落ち着いてきました・・・。

そうですね。ほんとにクリニック選びは難しいですよね・・・。
それぞれのクリニックが、TESE-ICSIの臨床実績とか、公開してくれるといいですよね。

今はネットで情報が取れるのですごく助かる反面、どうしても情報が断片的にしか聞こえてこないので、正しい判断を行うことが難しい・・・。

みかんさんも北九州への通院、お疲れ様でした。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!
【2008/04/13 21:52】
こんにちは
検査の結果、残念でしたね・・・

でもでも、まだTESEで精子が見つかる可能性もあるし道は続いています。

ホルモン治療をする病院もあるようですが、あまり無精子の人には効果が期待できるものではないようです・・・辛いですよね・・・

誘発剤について不安があるんですね。
わたしは何も知らないまま誘発しましたが、自然周期の採卵だったら卵は1個か2個ですよね・・・
1本の凍結精子を融解したら、そこにいる精子全部にICSIしたい気持ちだったので、誘発で卵をたくさん作ることは1つの目標になっていました。

いろいろな気持ちがあると思うので、ゆっくり先生と相談してくださいね。
さち URL 2008/04/11(Fri)20:24 編集
Re:こんにちは

さちさん、コメントありがとうございます。

ホルモン治療、やっぱり無精子には厳しいんでしょうか・・・。
鍼治療なんかも、少ないとか運動能力が低い場合に改善することはできても、抜本的な治療は難しいみたいですよね。

誘発が怖いのは、やっぱりKLCや夢クリニックの治療方針が頭から離れないせいです・・・。

誘発剤を使うと、数はたくさんできるけど質は良くない、また、古い卵胞がいつまでも消えないので、次の周期以降に良い卵子が作られなくなる・・・という話です。

もちろんいろんなやり方があるので、そんなに多すぎない数で質の良い卵子を育てられて、次の周期にも影響が少ない方法・・・というのもきっとあるんだとは思います。

といっても私の場合、まずはTESEをしてみないことには、次の一歩に進めないんですよね・・・。


【2008/04/13 23:18】
トラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by Ninja Blog    photo by P*SWEET    icon by Egg*Station    template by Temp* factory

忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
yume
性別:
女性
職業:
ふつうの会社員です
自己紹介:
yumeです。2002年に結婚し、今は30代半ばです。

本格的に妊娠を考え始めたのは2006年くらいから。1年たっても何事も起こらなかったので、2008年1月、夫婦二人で夢クリニックへ。

ところが、初診のときに思いもよらず男性不妊が発覚!
転院した別のクリニックで精子採取を何度か続けたものの、よい結果は出ず。

散々迷った挙句、2008年10月に某病院で夫がTESEを受けましたが、細胞も見つからないという残念な結果に。

更新もたまにですけど、コメントいただけると嬉しいです。

メールはyume55 アットマーク live.jpまでお待ちしています。
(55は半角でお願いします♪)
最新コメント
[02/10 みわぽん]
[08/24 リエ☆]
[06/05 りさ]
[05/25 みわぽん]
[02/06 オニヨメ]
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
フリーエリア